カップルで行くタイ・バンコク旅行!おすすめ観光スポット10選をご紹介

  • 2020年3月14日
  • 2020年3月19日
  • 観光
タイ旅行計画中
カップルでタイ・バンコク旅行はおすすめですか?カップルで楽しめるタイの観光スポットやおすすめのホテルも教えてください。

 

このような疑問を解決する記事となっています。

 

本記事の内容

  • カップルで楽しめるタイの観光スポット
  • カップルにおすすめのバンコクのホテル

 

本記事では、実際にカップルで行って楽しめたおすすめのタイの観光スポットとタイ・バンコクのおすすめホテルをご紹介します。
今回紹介する場所は、実際にカップルで行って楽しかった場所のみです。

実際に僕自身は、4年ほどバンコクに住んでいたので、参考になるかと思います。

 

カップルで行くタイ・バンコク旅行!おすすめ観光スポット10選

タイ旅行 観光観光地編
タイ旅行 食事食事編
タイ旅行 ショッピングショッピング編
タイ旅行 スパ・マッサージマッサージ編

 

今回は、上の4つのカテゴリに分けて紹介していきます。

 

カップルで行くタイ・バンコク旅行【観光編】

タイ三大寺院

ワットポー
タイ三大寺院(ワットポー)

旅行者なら真っ先に観光したいスポットとして抑えているであろうタイ三大寺院「ワットポー・ワットアルン・ワットプラケオ」
もちろんカップルで行くのにもおすすめのスポットです。

 

それぞれの入場料は、

・ワットポー200バーツ
・ワットアルン:50バーツ(6月から100バーツに値上げ)
・ワットプラケオ:500バーツ

 

王宮周辺にはお洒落なカフェも立ち並んでいるため、疲れ際には寄ってみてもいいかもしれません。

 

ワットサマーンラッタナーラーム(ピンクのガネーシャ)

ピンクのガネーシャ
ワットサマーンラッタナーラーム(ピンクのガネーシャ)

バンコクから車で東へ1時間半、そんなちょっと離れた場所にあるピンクのガネーシャで有名な寺院「ワットサマーンラッタナーラーム」

 

3倍速で願いが叶うと言われるピンクのガネーシャだけでなく、龍のオブジェや巨大な仏像などインスタ映えスポットがあることで有名です。

そんな願いが叶うピンクのガネーシャ前で、一緒に写真を撮って旅行の思い出にするカップルも多いことでしょう。

なお、拝観料は無料です。

 

ワットパクナム寺院

ワットパクナム寺院
ワットパクナム寺院

近年インスタ映えの寺院として日本でも話題になっている「ワットパクナム」

 

寺院内部の5階にある瞑想の間には、宇宙を描いた天井画と中央のエメラルドの仏塔があり、幻想的な空間を作り上げています。

観光客からの注目を集める一方で、マナーに問題がある観光客も目立っているため、寺院内では静かに行動し、本館ではつま先を仏塔に向けないようにしましょう。

 

バンコクからはタクシーで45分ほど。電車で最寄り駅まで行き、ソンテウ(ミニバス)を使い現地まで行くこともできます。

ちなみに拝観料は無料です。

 

三大水上マーケット

水上マーケット
三大水上マーケット(ダムヌンサドゥアック)

タイの観光地で忘れてはいけないスポット「ダムヌンサドゥアック水上マーケット・アンパワー水上マーケット・タリンチャン水上マーケット」

 

水上ボートでのんびり観光しつつ気になった賞品があれば買うことが可能。ローカル感を味わいたいなら、アンパワー水上マーケットかタリンチャン水上マーケットがおすすめです。

 

ボート料金は一人60〜200バーツとお手頃価格。

しかし、バンコクからは少し離れているためツアーで参加する人が多くなっています。ツアー料金は800バーツ〜とお手頃です。

 

エレファントキャンプ(象乗り)

タイ 象乗り
エレファントキャンプ(象乗り)

バンコク近郊で象乗り体験を楽しむことができる「ChangPuakCamp」

 

このエレファントキャンプはダムヌンサドゥアック水上マーケットと隣接しているため、水上マーケット+象乗りのセットで楽しむのがおすすめです。

象の背中には椅子が設置されており2人掛けできるため、カップルでの参加にはぴったり。いっぱい写真を撮り、最高の思い出にしましょう

なお、象乗り単体の料金は30分800バーツです。

 

カップルで行くタイ・バンコク旅行【食事編】

イータイ(フードコート)

イータイ eathai
イータイ(フードコート)

イータイはセントラルエンバシーにあるフードコートです。ここではいろいろな種類のタイ料理が食べれます。

その他のショッピングモールでもフードコートがあって気軽にタイ料理を食べることができます。

 

フードコートだと大体40バーツ〜食べることができます。

 

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(ピンクのカオマンガイ)

ピンクのカオマンガイ
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(ピンクのカオマンガイ)

ピンクのカオマンガイは、BTSチットロム駅からラチャダムリ通りを北方向に10分ほど行ったところにあるカオマンガイのお店です。

ガイドブックにも載っているくらいバンコクでは超有名なカオマンガイのお店です。

 

周辺には屋台や食堂が立ち並んでいますが、店員さんはピンクの服を着ているのですぐに分かるはず。

こういった屋台でも40バーツ〜食べることができます。

 

ソンブーン・レストラン

ソンブーンはシーフード料理が有名なレストランです。バンコクにチェーン展開しており、プーパッポンカレーが美味しいで有名なお店です。

 

こういったレストランは1品100バーツ〜食べることができます。

 

ルーフトップバー

ルーフトップバー
ルーフトップバー「ヤオ」

タイにはルーフトップバーというホテルの屋上でお酒や食事を楽しめるバーがあります。
タイでは建設方が緩いため、こういったホテルの屋上にバーを設置することができ、夜景を楽しみながら食事などをすることができます。

 

5つ星高級ホテル、ルブアアットステートにある「シロッコ」やマリオットホテルにある「オクターヴ」など有名なお店が数多くあります

ちなみにお酒は1杯200バーツ〜とそこそこ高いです。

 

カップルで行くタイ・バンコク旅行【ショッピング編】

カオサン通り

タイ カオサン通り
カオサン通り

バックパッカーの聖地「カオサン通り」

 

僅か300mの通りに沢山のお店や屋台、宿が立ち並んでいます。ショッピングだけでなく屋台でのタイ料理やナイトライフを楽しむことができるので、タイ旅行に来たならば必ず行きたいスポット。

 

バンコク都心部からはタクシーやトゥクトゥクで15分ほどで到着できます。

 

チャトチャックウィークエンドマーケット

チャトチャック マーケット
チャトチャックウィークエンドマーケット

タイ最大級のマーケット「チャトチャックウィークエンドマーケット」

 

敷地には数万店舗ものお店がずらりと並び、1日では到底回れないほどの店舗が並んでいます。

時間は週末の朝6時〜夕方18:00までしかやっていませんが、お土産を買いに行くのにうってつけのスポットであるので時間があるなら足を運んでもらいたいスポット。

ドライフルーツなどのお菓子から雑貨まで幅広く商品が揃っているので、おすすめです。

 

最寄り駅はモーチット駅。バンコクからは20分ほどで行くことができます。

 

アジアティーク・ザ・リバーフロント

チャオプラヤー川沿いにあるナイトマーケット「アジアンティーク ザ リバーフロント」

 

古い船着場をリノベーションしたこの巨大商業施設内には、約1500もの店舗と40のレストランが入っています。

営業時間は17:00〜24:00。実際に露店を出し始めるのは18:00頃からになります。

 

サパーンタクシン駅から無料シャトルボートが出ているので移動も楽しみの1つです。

 

タラートロットファイラチャダー

タラート ロットファイ ラチャダー
タラートロットファイラチャダー

バンコクの若者に人気の色とりどりの屋台がひしめき合うナイトマーケット「タラートロットファイラチャダー」通称、鉄道市場。

 

雑貨やファッションはもちろん屋台や理髪店など約1000店舗が入っています。

MRT(地下鉄)から徒歩圏内とアクセスが便利な上、マーケットに隣接するショピングモール「エスプラネード」の駐車場からは、マーケットの全景が見えるので、インスタ映えスポットとしても話題になっています。

 

火曜から日曜の17:00〜25:00まで。

 

MBK(マーブンクロンセンター)

mbk
MBK(マーブンクロンセンター)

バンコクを代表する老舗ショッピングモール「MBK(マーブンクロンセンター)」

 

ガイドブックに必ず載っているMBK。高架鉄道(BTS)直結の立地の良さ、8階建ての建物に約2500もの店舗が入っています。

お土産などを買うためにMBKに立ち寄る観光客も多く、雑貨やファッション、ガジェット類などあらゆる商品を手にすることができます。

 

なお、営業時間は10:00〜22:00まで。

 

カップルで行くタイ・バンコク旅行【マッサージ編】

Divana Spa(ディバナスパ)

Divana Spaはリピーターが続出している有名店で、バンコクには数店舗展開しています。

 

  • Divana Divine Spa
  • Divana Virtue Spa
  • Divana Nuture Spa
  • Dii
  • Divana Scentuara Spa

 

などがあり、どこも極上のスパ体験ができます。2人用の個室などもあるため、カップルでの利用にもピッタリです。

 

ワットポーマッサージスクール

ワットポー マッサージ

ワットポーマッサージスクールは、大寝釈迦像で有名な「ワットポー寺院」の境内にあり、高い技術力を持つタイ古式マッサージの総本山としても有名です。

 

フットマッサージもあるため、観光疲れを癒やすために寄ってみてもいいかもしれません。

 

at ease massage(アット イース マッサージ)

at ease massageは、バンコクで3店舗展開している日本人経営のタイ古式マッサージ屋です。

そのため、日本人目線で作られた細かいサービスや気遣いがありながら、価格はローカルな設定。

 

  • Sukhumvit 33/1 MASSAGE
  • Sukhumvit 33/1 SPA & ENZYME BATH
  • Sukhumvit 39 MASSAGE & SPA

 

行ってみると、タイ在住日本人からも高評価の理由がわかります。

 

ヘルスランド

ヘルスランドは、タイ国内に10店舗ほど展開しています。リーズナブルでありながら確かな技術を持っているマッサージ師が多いため、現地人からも人気のお店です。

 

  • ヘルスランド・アソーク店
  • ヘルスランド・エカマイ店
  • ヘルスランド・サトーン店

 

ヘルスランドの店舗は数店舗ありますが、アソーク・サトーン・エカマイ店が観光客でもアクセスしやすいです。

 

カップルにおすすめのタイ・バンコクのホテルもご紹介

こちらは、実際にカップルで泊まって満足したホテルをご紹介します。ちなみに今までカップルでタイに3回行っており、ホテルだけでなく民泊Airbnbを使ってコンドミニアムにも泊まりました。

 

以下泊まった場所一覧です。

 

  1. バンコクマリオットマーキスクイーンズパークホテル
  2. アヴァニアトリウムバンコクホテル
  3. Park24 Condominium

 

バンコクマリオットマーキスクイーンズパークホテル

マリオットマーキスクイーンズパークホテル
バンコクマリオットマーキスクイーンズパークホテル

バンコク都心部、日本人が多く住むスクンビットエリアにある5つ星ホテル「バンコクマリオットマーキスクイーンズパークホテル」

 

HISなどのパッケージでも多く取り扱われているホテルのため、サービスの良さや清潔さは言うまでもない。

 

ホテル31階には、ルーフトップバーABarがあり、夜景を見ながら飲食を楽しむことができるのも嬉しいポイント。1泊1万〜宿泊可能。

 

アヴァニアトリウムバンコクホテル

スクンビット通りの1本北を通るペッブリー通り沿いにある4つ星ホテル「アヴァニアトリウムバンコクホテル」

 

都心部から少し離れているため、比較的安く泊まることができます。

 

ナイトライフにはRCA通りが近く、カップルで一緒に行くのもありでしょう。1泊5,000円〜宿泊可能。

 

Park24 Condominium

park24 condominium
Park24 Condominium

日本人が多く住むエリアであるスクンビットSoi24にある「park24」というコンドミニアム。

 

バンコク都心部プロンポンエリアにあるため、各観光スポットへ行くにも非常に便利な場所です。

 

民泊サービスairbnbを使えば、1泊3,000円ほどで宿泊することができます。

 

まとめ

今回は、カップルで行くタイ・バンコク旅行!おすすめスポット10選を紹介しましたが、いかがでしたか?

 

まとめると、タイには世界遺産に登録されている寺院からリゾートまで、数多くの観光スポットがあるのでカップルでの旅行にも最適です。

 

ぜひこの記事を参考にして、楽しいタイ旅行にしてください。