【観光客必見】タイ・バンコクで本当におすすめのナイトクラブ11選

コロナウイルス蔓延から早2年半が経ち、そろそろ日本からのタイへ旅行に行く方も多くなってきているでしょう。

そんなタイ旅行の楽しみの一つとして外せないのがナイトライフ

今回は、そんなタイ、バンコクで楽しめる人気のナイトクラブ11選をご紹介いたします。

タイ・バンコクの人気おすすめナイトクラブ11選

バンコクでのナイトライフ。ネットには様々な情報が転がっており、正直どこに行ったらいいかわからない・・・。そんな方も多いでしょう。

行けば間違いなく楽しめる有名店舗から2022年に新しくオープンした店舗を含め、合計11か所集めました。

店舗の位置情報をGoogleMapでまとめましたので、まずは以下を参考にしてみてください。

下記ナイトクラブはすでに閉業しています(※2022年10月追記
・バンコクのトンローsoi10にある「Barbarbar」
・バンコクのトンローsoi10にある「DEMO」
・バンコクのトンローにある「NOIZ club Bangkok」
・バンコクのナナにある「Insanity night club」
・バンコクのアソークにある「Scratch Dog」

バンコクおすすめクラブ①ONYX【RCA】

ONYX バンコク

元々この地に存在した大型クラブSlim&Flixを建て替え、生まれ変わった「ONYX」。現地へ行き、外観を見るだけでも、その規模感に圧倒されること間違いなし。世界TopClub100に毎年選ばれ、有名DJも数多くプレイしているタイバンコク最大級のナイトクラブであり、音響・照明設備、収容人数はタイトップクラス。

バンコクに行くなら外せないクラブ。初めてのタイ旅行でどこに行けばいいか分からない方は、とりあえずココ!とにかくメインステージ、箱の広さ、演出に圧倒されます。

基本情報

営業時間 21:00〜翌2:00
入場料金 500バーツ(約1,650円)
音楽 ハウス、テクノ、バウンス
客層 タイ人7割、韓国人2割、その他1割
公式ページ 公式HP

この付近は電車が通っていないため、タクシーで「RCA」という通りまで行きます。詳しくはタイ最大級のナイトクラブ「ONYX」【行き方・楽しみ方解説】を参照ください。

バンコクおすすめクラブ②ROUTE66【RCA】

ROUTE66 バンコク

ONYXの隣にあるバンコク最大規模の大型クラブ「ROUTE66」。フロアは3つに分かれており、ライブミュージック、EDM、ヒップホップが楽しめる。様々なジャンルの音楽を楽しみたい方にオススメのナイトクラブです。

基本情報

営業時間 20:00〜翌2:00
入場料金 300バーツ(約1,050円)
音楽 hiphop、洋楽、EDM、ライブバンド
客層 タイ人7割、韓国人2割、その他1割
公式ページ 公式HP

ROUTE66付近も電車が通っていないため、タクシーで「RCA」という通りまで行くのが最適な行き方です。

バンコクおすすめクラブ③Spaceplus Bangkok【RCA】

Space Plus Bangkok
バンコクのRCAにある「SPACE PLUS」

コロナ蔓延が落ち着き2022年に新たに誕生したSpaceplus Bangkok。中国広州にもあるスーパークラブチェーンSPACE PLUSグループであるため、超高級感あふれる内装が展開されています。

VIPとスタンディングテーブルがU字型に並んでおり、正面にDJプラットフォーム、中央に巨大なダンスフロアが設置され、計2,000人を超える人数を収容できる超巨大箱となっています。

基本情報

営業時間 日~金|18:00~0:00
土|21:00~翌2:00
入場料金 無料
音楽 EDM
客層 タイ人8割、韓国人1割、その他1割
公式ページ 公式Instagram

Spaceplus Bangkokは、RCAにありますが、「ペッブリー通り」から入る方が近いためタクシーで「ペッブリー通り」まで地図を見せて行くのが最適な行き方です。

バンコクおすすめクラブ④Babyface Superclub【エカマイ】

Babyface バンコク

2019年8月頃に、バンコクのエカマイ通りにできたお洒落なナイトクラブ「Babyface Superclub」。

エカマイ通りはバンコクでもお洒落なお店が集まっているだけに、このナイトクラブも内装費にいくらかかっているのか気になるところです。まだ、オープンして間もないのだがタイ人の間では大盛り上がりのスポットの1つ。

基本情報

営業時間 21:00〜
入場料金 500バーツ〜(約1,500円)
音楽 EDM
客層 タイ人8割、韓国人1割、その他1割
公式ページ 公式HP

エカマイ通りへはバンコク都心部からタクシーで15分あればつきます。詳しい内容は、バンコクに新しくできたクラブ「BabyFace」【2020年】にてご覧ください。

バンコクおすすめクラブ⑤BEAM【トンロー】

BEAM バンコク
バンコクのトンローにある「BEAM」

HIPHOPのナイトクラブは比較的少ないバンコクですが、その中でもお洒落エリアであるトンローにある「BEAM」はHIPHOP好きには堪らないアングラ感が醸し出されています。

観光客にはハードルが高めですが、ローカルを求めているならば十分行く価値ありです。

基本情報

営業時間 21:00~翌2:00(月・火・日曜日は定休日)
入場料金 無料
音楽 HIPHOP・HOUSE
客層 タイ人9割、その他1割
公式ページ 公式HP
BEAMは最寄のトンロー駅から少々遠いため、タクシーに乗って行くことをおすすめします。近くにあるメルセデス・ベンツのディーラーが目印です。

バンコクおすすめクラブ⑥Sing Sing Theater【プロンポン】

Sing Sing Theater

流れる音楽が多種多様なナイトクラブで、特徴は何と言っても、精巧なエンターテインメント。

インテリアのこだわりと創造的なコンセプトがとても魅力的で、天井から吊り下げられた何百ものランタン、たくさんの龍の絵があり、「ミューズ」(チャイナドレスを着たエレガントな少女たち) を素敵に演出しています。

基本情報

営業時間 20:00~0:00
定休日:月、日曜日
入場料金 無料
音楽 Hip Hop、House
客層 タイ人6割、その他4割
公式ページ 公式HP

Sing Sing Theaterは、バンコクのスクンビット通りに面しており、公共交通機関も多いため電車+徒歩でも行くことができます。BTSプロンポン駅またはBTSトンロー駅から徒歩10分圏内。もちろんタクシーで行くこともできます。

バンコクおすすめクラブ⑦Bobo【ナナ】

bobo club bangkok

かつてはハイアットリージェンシーホテルの1階、スクンビットソイ13の角にある、フィーストと呼ばれるイタリアンレストランでした。このスペースが、2020年の終わりにエレガントな高級クラブに生まれ変わりました。

大きなシャンデリアや天井のモールディング等、レストランのシックなデザインを維持したまま高級な雰囲気を残しています。約20のテーブルと小さなバーだけが設定されており、スクンビット界隈では小さめのクラブです。

そのため、もし行くなら事前にVIPテーブルを予約するのがベストでしょう。

基本情報

営業時間 19:00~1:00
入場料金 無料
音楽 EDM、ヒップホップ、ハウス
客層 裕福な外国人4割、ハイソ系タイ人6割
公式ページ 公式Instagram

BoboはスクンビットSoi13にあるため、最寄のナナ駅から徒歩圏内にある好立地なクラブです。BTSナナ駅で降り、歩いていくことができるでしょう。

バンコクおすすめクラブ⑧Sugar Club Bangkok【ナナ】

sugar club bangkok

Sugar Clubは、長年にわたりバンコクのヒップホップやラップシーンの中心となってきたクラブです。

2階建てである以上決して小さいとは言えませんが、その人気と低い天井のため、かなり混雑しているように感じられます。1階がメインステージでスタンディングテーブルとVIPソファーがあり、中央のダンスフロアはクラブのダンサーとMCのために確保されています。

客層の多くは外国人とタイの女の子ですが、最近の流行により地元の人々も多く集まる傾向にあります。入場料は、男性400฿、女性200฿で各入場料には1ドリンクが含まれています。ボトルサービスは2,000฿からです。また、1階のVIP席は数に限りがありますので、23時前に到着されることをおすすめします。

基本情報

営業時間 20:00〜翌4:00or5:00
入場料金 男性:400฿(1,400円)
女性:200฿(700円)
※1ドリンク付き
ボトル価格:2,000฿~
音楽 Hip Hop、Rap、Trap
客層 観光客5割、タイ人5割
公式ページ 公式HP

「Sugar Club」はスクンビットSoi11にあるため、最寄のナナ駅から徒歩圏内にある好立地なクラブです。BTSナナ駅で降り、歩いていくことができるでしょう。

バンコクおすすめクラブ⑨Levels【ナナ】

LEVELS bangkok

アロフト・バンコクの7階にあるこのクラブは、ハウスミュージックが流れる大きなラウンジテラスと、主にヒットソングやEDMが流れる巨大なメインルームの2つの箱で構成されています。毎晩、DJとシンガーの生演奏があり、他のクラブとは違って少し高級感ある雰囲気を味わえるクラブです。

Levelsはドレスコードが厳しいです。ホームページにも”Dress to impress”と書いてあるように、タンクトップ、ショートパンツ、オープンシューズ、スポーツウェアなどでの入店は禁止になっています。

タイ人はあまり多くありませんが、ごく稀に仕事目当てのタイ人女性もいるため注意しながら楽しみましょう。

基本情報

営業時間 21:00~翌2:00
入場料金 日~木曜日:男性300฿、女性200฿
金、土曜日:男性400฿、女性300฿
※入場料には1ドリンクが含まれています。
音楽 Commercial、EDM、House
客層 外国人:7割、タイ人女性:3割
公式ページ 公式HP
LevelsはスクンビットSoi11にあり、最寄のナナ駅から徒歩10分圏内です。駅から歩くのが面倒な方はタクシーで向かうのがおすすめです。

バンコクおすすめクラブ⑩The Club【カオサン】

The Club khaosan

バックパッカーの聖地と言われるカオサン通りにあるナイトクラブの1つ。箱は小さいながらも、このエリアでは最も活気のあるクラブで観光客や外国人、地元の人たちから人気を集めています。

高い位置にあるDJブースと広いダンスフロアが特徴で、高品質のJBLサウンドシステム、最先端の照明、レーザー、CO2キャノンなどを備えています。外国人旅行客と仲良くなることはできますが、それぞれ友達と来ているので、複数人で行くことをおすすめします。

基本情報

営業時間 21:00~翌3:00
入場料金 200฿
音楽 オールミックス
客層 観光客(欧米人8割、その他2割)
公式ページ 公式HP

カオサンは都心部から西の方へタクシーで約20分ほど。トゥクトゥクも出ていますが、タクシーより高くぼったくりに会う可能性もあるので気をつけましょう。

バンコクおすすめクラブ⑪Top One【ラチャダー】

topone club bangkok

バンコクから北へ約30分ほどのラチャダー地区にある、約2000人を収容できるバンコク初のメガクラブ。巨大な宇宙船のように設計されたデザインと最高の音楽フェスティバルに匹敵するほどの最先端のサウンド&ライトシステムで、他では味わえない体験を味わうことができます。

EDMとハウスミュージックが中心で、タイや海外のDJやMCがオールナイトでプレイします。また、パフォーマーやダンサー、LEDロボットが登場するパフォーマンスも魅力の1つです。客層は若いタイ人が多く、有名モデルやネットアイドルも度々足を運んでいるとか・・・。

基本情報

営業時間 21:00~翌2:00
入場料金 エントリー:無料
ボトル価格:2,200฿か~
音楽 EDM, エレクトロ
客層 タイ人:9割、その他:1割
公式ページ 公式Instagram

Top Oneはバンコクから北へ30分ほどの距離にあるラチャダー地区にあります。バンコク中心部からはタクシーで向かうのがおすすめです。

バンコクおすすめクラブまとめ

いかがでしたか?まとめるとバンコクでおすすめのナイトクラブ11選は以下の通りです。

  1. ONYX【RCA】
  2. ROUTE66【RCA】
  3. Spaceplus Bangkok【RCA】
  4. Babyface Superclub【エカマイ】
  5. BEAM【トンロー】
  6. Sing Sing Theater【プロンポン】
  7. Bobo【ナナ】
  8. Sugar Club Bangkok【ナナ】
  9. Levels【ナナ】
  10. The Club【カオサン】
  11. Top One【ラチャダー】

今後、新しくオープンするナイトクラブがあり次第追加していきますね。