タイ語で「本当に」「本当ですか?」は”ジン(グ)”を使おう

  • 2020年5月18日
  • 2020年11月24日
  • タイ語

「本当に◯◯です」「本当ですか?」

日本語でも会話の中で使うことがありますが、タイ語では何と言うのでしょうか?

本記事では、タイ語で”本当”の言い方を紹介します。

タイ語で「本当に」「本当ですか?」は”ジン(グ)”を使おう

本当に
発音
タイ語 จริง
発音記号 ciŋ
タイ語カナ ジン(グ)
จริงๆ(ジンジン)と2回言うことで、より強調できます。タイ人もよく使うので、覚えておくと便利です。日本人が聞くと「チンチン」と最初は聞こえるかもしれません。

อร่อยจริงๆ : アロイ ジン(グ)ジン(グ) : 本当に美味しい!
จริงๆอร่อยมาก : ジン(グ)ジン(グ) アロイ マーク : 本当に(まじで)美味い!

本当ですか?(本当?)
発音
タイ語 จริงหรือ
発音記号 ciŋ rʉ̌ʉ
タイ語カナ ジン(グ) ルー
「本当?」と驚いたときでも、疑うときでも色々な場面で使えます。いくつか言い方はありますが、一般的には「ジン(グ)ルー จริงหรือ」を使います。

気軽な会話で、少し砕けた言い方をしたければ「ジン(グ)ロー จริงเหรอ」と言ってみましょう。個人的にはこちらの方がよく使います。

タイ語で「実は、本当は」の言い方もご紹介

実は、本当は、実のところ
発音
タイ語 จริงๆแล้ว
発音記号 ciŋ ciŋ lɛ́ɛw
タイ語カナ ジン(グ) ジン(グ) レーオ
このフレーズもよく使うでしょう。

「ジン(グ) ジン(グ) レーオ จริงๆแล้ว」の後に、文章を持ってくることで「実は(本当は)、◯◯◯」と伝えることができます。