【音声付き】タイ語で「嘘つき」「嘘をつく」の言い方をご紹介

  • 2020年5月31日
  • 2020年11月24日
  • タイ語

今回は、ちょっとした会話の中で使える「嘘つき」「嘘をつく」について解説していきます。

シビアな状況でも使われますが、冗談混じりで言うこともできる言葉なので、頭の片隅に入れておきましょう。

言い方は3つあり、日常的に使うものとスラングを紹介します。

  • キーゴーホック ขี้โกหก(khîi koohòk)|嘘つき
  • トー レー ตอแหล(tɔɔ lɛ̌ɛ)|嘘つき※状況により変わる
  • サトロブリー สตรอเบอร์รี(sàttrɔɔbəərîi)|嘘つき(俗語)

では、詳しく解説していきます。

タイ語で「嘘をつく(嘘つき)」は”ゴーホック”を使おう

嘘つき
発音
タイ語 ขี้โกหก
発音記号 khîi koohòk
タイ語カナ キー ゴーホック
「嘘をつく」「嘘つき」と言うときに、一般的に使われている単語です。

「キーขี้(khîi)+ゴーホックโกหก(koohòk)」で構成されています。”ゴーホック”は単体で「嘘をつく」という意味になります。

キーขี้(khîi)は、主に性格の前につき、「〜屋、〜性」と訳されます。よくない性格の前につくことがほとんどです。

【注意!】タイ語で「嘘つき=トーレー」について解説

嘘つき
発音
タイ語 ตอแหล
発音記号 tɔɔ lɛ̌ɛ
タイ語カナ トー レー
この単語は、注意して使わなければなりません。一般的には、あまり良くない単語の部類に入ります。

比較的悪い言葉の部類に入るため、親しい仲では冗談混じりで使う言葉ですが、知らない人、関係が浅い間柄では使わないようにしましょう。

逆に現地のタイ人と仲良くなると、良く耳にする言葉になるでしょう。

「嘘つき」や場合によっては「くそったれ」という言葉でも使われます。

【スラング】タイ語で「嘘つき=サトロブリー」について解説

嘘つき
発音
タイ語 สตรอเบอร์รี
発音記号 サトロブリー
タイ語カナ 嘘つき(俗語)
通常は、フルーツの”ストロベリー=いちご”という意味になります。

発音が「サトーベリー」に聞こえ、「トーレー=嘘つき」の”トー”と音がかぶり「嘘つき」という俗語ができたとのこと。

若者の間で流行してはいるが、これも親しい仲だけで使うようにしましょう。