タイへの短期旅行者向けタイ情報ポータルサイトです。タイのホテル、観光ツアー、ショッピング、グルメ、エンタメなどの情報を配信中!
タイ旅行 靴

【タイ旅行】どういった靴で行けばいいかわからない人へ。【必見】

タイ旅行に行く人
タイ旅行にどういった靴で行けばいいかわからない・・・。
服装のことや持っていったほうがいい物があれば知りたい!
こんなお悩みにお答えします。
本記事では、前半にタイ旅行に靴とサンダルを持っていくべき理由を、後半に、服装や、持っていったほうがいいものについて解説していきます。
ちなみに現在は日本にいる私ですが、元々タイのバンコクに4年ほど住んでいました。
今でも年に3、4回ほどタイに行きます。
蛇足ですが、タイは旅行先だけでなく、移住先としても大人気です。
先に結論を述べておくと、タイ旅行どういった靴で行けばいいかわからないという人は以下を参考にしてください。
ホテルの近所の屋台や、マッサージなどちょこっと外出する際、海辺やビーチに行く際はサンダルでOK。
高級レストラン、お寺などの観光、買い物などで動き回る日は靴がいいでしょう。
では引き続き解説していきます。

タイ旅行に靴とサンダルの両方を持っていくべき理由

一部の超高級レストランではマナーが厳重

タイ旅行
タイに行ったことがない方の中には、「タイは物価が安い」というイメージがあると思います。
確かにそうなのですが、実際に行ってみると一部そうでないことにも気づきます。
特にバンコク都心部では、高級レストランが点在し、その価格帯には驚くでしょう。
そして、一部の超高級レストランでは、ドレスコードを設けているお店もちらほら見受けられます。
服装もそうなのですが、サンダルスタイルなどのラフすぎる格好によって入店を断られることがあるので
特にホテル内の高級なレストランに行く際には、靴を履いていくのが無難です。
女性は、ヒールサンダルのようなサンダルであれば問題ありません。
個人的に、バンコクのいろいろな店を見てきましたが、高級レストランに行った際、服装について厳重注意されるケースはあまりないと感じております。
とはいえ、他のお客さんの気分を損ねる格好は良くないですので、最低限のマナーとして、綺麗めの靴、ジーンズ、Tシャツくらいの服装を考えておきましょう。

ルーフトップバーは一部サンダル禁止

タイ旅行 ルーフトップバー
地震が少なく、建築基準が緩いタイでは、日本では考えられないようなスリル満点のルーフトップバーが数多く見られます。
下記の英文は、タイの有名なルーフトップバー「シロッコ」のドレスコードについて書いています。
DRESS CODE & POLICIES
We do not permit athletic or sports uniforms, torn clothing, slippers, beach sandals and flip-flops.Gentlemen must avoid sleeveless t-shirts, shorts, and open shoes.Please note that our smart casual dress code applies to children
→詳しくは引用元のHPを参照ください
つまりサンダル、簡易スリッパなどの着用は禁止
それだけでなく、ショートパンツノースリーブのシャツなどの服装にも注意をしなければなりません。
実際、お店に入る前に、止められている方も見受けられますので、服装は事前に確認して向かいましょう。

ナイトクラブ・ディスコも服装に注意

タイ旅行 ナイトクラブ
バンコク、パタヤなどにあるクラブやディスコの中には、ショートパンツやタンクトップでは入店できないお店があります。
また、日本と同じように男性のサンダルは基本的にNGだと思った方が良いでしょう。
女性も同じ条件ですが、ヒールサンダルは入店可能です。
バンコクで有名なクラブONYXのHPにて
NO HATS/HEAD ATTIRE, NO ATHLETIC SHOES – White. Nike. Air Force 1. Air Jordan’s. Adidas. Chucks. NO WORK BOOTS – Timberland. Lugz. Polo. NO FLIP FLOPS, NO ATHLETIC WEAR, NO SHORTS, NO OVER SIZED/BAGGY CLOTHING, NO TATTOOS ABOVE NECK: Neck. Facial. Head. NO HOODIES, NO EXPOSED JEWELRY, NO BANDANAS/DO-RAGS, NO SUNGLASSES, NO BACKPACKS/OVER SIZED PURSES, NO BAD ATTITUDES, NO PLAIN WHITE T-SHIRTS, NO MILITARY/MILITANT ATTIRE: Cammo. Fatigues.
HPでは、このように長々と書かれていますが、注意されたことがありません。
サンダルやタンクトップ、ショートパンツが禁止くらいに思っておきましょう。

お寺に行く際は靴を履いていかないといけないのか?

タイ旅行 お寺
タイのバンコクには数万と数多くのお寺があります。
観光客が行くお寺として有名なのは下記の3つ。
ワットポーワットアルンワットプラケオ
お寺に行く際はサンダルはNG!と思われがちですが実際そういったことはありません。
どちらかというと、マナーとしてNGという意味合いが強いです。
実は、お寺の中に入る際には下駄箱があり、靴を脱いで中に入っていきます。
このため、サンダルで行こうが、スニーカーで行こうが、結局お寺に入る前に靴を脱ぐため、基本的に
入口で入場規制が入ったり、警備員に止められたりなどはしません。
蛇足ですが、注意しないといけないのは服装の方になっており、ショートパンツ、スカート、タンクトップなど肌の露出が激しい服装は避けましょう。警備員に注意されるケースがあります。

肌の露出はいいの?タイでの服装について

肌の露出は控えましょう

タイは、年間を通して気温は30℃以上をキープしていますし、最低気温は20℃を切ることはほとんどありません。
旅行時の服装は基本的に夏物で大丈夫です。
とはいえ、観光の予定に、前述したようなお寺やレストラン、バーやディスコが入っている場合もあるので
下記のような格好がおすすめ。
男性:薄手のTシャツ・ジーンズ(長ズボン)・靴(スニーカー)
女性:薄手のTシャツ・ジーンズorロングスカート、スニーカーorヒールサンダル

上着を1着忘れずに!

タイ旅行 bts
タイは気温30℃を超え、非常に蒸し暑い。
それなのに、なぜ上着が必要なのか?
これは、タイのレストランやショッピングモール内は「エアコンの冷房が効きすぎていて寒い」からです。
BTSやMRTといった電車内も冷房ギンギンです。
タイ在住者にとっては有名な話なのですが、旅行者としては把握しておく必要があります。
それに、飛行機の機内でも冷房が効きすぎていて寒いことがありますので、
最低1枚は上着を持っていくことをおすすめします。

タイパンツは被害の元

タイパンツとは、特に旅行者が喜びそうな象などの柄が入ったパンツです。
これがなぜ被害の元となるのか?
このタイパンツを履き、数人で行動しているという行為は「観光客」ということを周りに
アピールしているということなのです。
想定被害としてわかりやすいのは、タクシー、トゥクトゥクによるぼったくり
ひどいと、盗難にまで発展する可能性も・・・。
海外でこういった被害にあうと、せっかくの旅行なのに萎えますよね。
そして海外ということもあり、言葉も通じないがために解決しにくい問題です。
このような点を踏まえ、なるべく安全な服装にしてみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
タイは非常に自由な国のように思えますが、観光地によっては、マナーにより肌の露出や、靴までも気にしなくてはいけません。
この記事を読むことで、タイ旅行で気をつけることを1つでも知ってもらえると嬉しいです。
タイ旅行 靴
最新情報をチェックしよう!