タイ語で「食べる」の言い方。”ギン”と”ターン”の使い分けについて

  • 2020年6月14日
  • 2020年11月24日
  • タイ語

「食べる」や「召し上がる」など日本語でも複数の言い方があるように、タイ語でも複数の言い方があります。

今回は、特に日常会話で使われる2パターンを紹介します。

  • ギン กิน (kin)|食べる(“飲む”にも使われる)
  • ターン ทาน (thaan)|召し上がる、食べる(“飲む”にも使われる)

では、例文や音声付きで詳しく解説していきます。

タイ語で「食べる=ギン」は一般的な言い方

食べる(飲む)
発音
タイ語 กิน
発音記号 kin
タイ語カナ ギン
最も一般的な「食べる」という単語です。丁寧語はターンทาน(thaan)になります。

ナー ギン น่ากิน (nâa kin) → 美味しそう
ギン カーオ กินข้าว (kin khâaw) → ご飯を食べる、食事する
ギン ラオ กินเหล้า (kin lâw) → 酒を飲む
ヤーク ギン〜 อยากกิน〜 (yàak kin〜) → 〜を食べたい
キン カーオ ルー ヤン กินข้าวหรือยัง (kin khâaw rʉ̌ʉ yaŋ) → もうご飯食べた?

タイ語で「食べる=ターン」は丁寧な言い方

食べる(飲む)、召し上がる
発音
タイ語 ทาน
発音記号 thaan
タイ語カナ ターン
「ギン กิน(kin)」より丁寧な表現で、意外にも日常でよく出てきます。

初対面の相手や、ビジネスシーン、会社の上司など目上の方には「ターンทาน」を使うのが適しています。

ターン カーオทานข้าว(thaan khâaw)→ご飯を食べる
ターン ティー ラーン ニー ディー マイ ทานที่ร้านนี้ดีไหม(thaan thîi ráan níi dii máy) → この店で食事するのはどうですか?